楽しく生活するための4つのリハ

楽しく生活するための4つのリハ

楽しく生き生きとした生活を
ご利用者様同士やスタッフとの交流は楽しく生き生きと生活していくきっかけとなります。趣味や楽しみ、役割などを模索しています
例えば・・
  • 囲碁・将棋仲間
  • マージャン仲間
外出写真 囲碁・将棋仲間
外出食事 書道と絵画
楽しくひとりひとりに合った健康作りを
加齢やご病気から身体機能や生活の能力の低下を防ぐ為に、理学療法士や作業療法士などの専門のスタッフがアドバイスをしています。
  • 個別・集団リハビリ
  • 生活動作訓練・アドバイス(着替えや入浴、トイレなど日常生活諸動作)
  • 自主トレーニング(自宅体操)指導
  • 自助具・福祉用具の提案
  • 手すりの設置などご自宅の住宅改修アドバイス
  • 介助方法のアドバイス
※ ご希望があればご自宅での指導も行います。
リハ室風
リハ室風景
個別リハビリ
個別リハビリ
コミュニケーションの喜びや楽しみを
生活に欠かせないコミュニケーション。その方に合った方法や活動を言語聴覚士がアドバイスを致します。
  • 個別リハビリ(失語症・構音障害・高次脳機能障害など・・)
  • 集団(グループ)訓練
     お仲間との「会話」を通しての実践的な言語のリハビリ
  • 失語症友の会などの情報提供
★毎週月曜日は・・・
 主に言語の障害をお持ちの方が利用されています。言葉が出にくく、大勢の中に入るのが不安な方もお仲間と安心して過ごしていただけます。
個別リハビリ
個別リハビリ
グループ訓練
グループ訓練
安心して楽しいお食事のひと時を
ムセなく、安心して食事をとって頂くために食事方法や食形態(刻み食・ミキサー食可)・とろみ剤のアドバイスや誤嚥性肺炎予防の発声・口腔体操などのお口のリハビリを行います。
発声・口腔体操の様子
発声・口腔体操の様子
メニュー例
メニュー例
このページ先頭へ